柴本農園 りんご園の今

柴本農園トップページ
平坦広々・安全安心のりんご狩り収穫体験で大喜び・りんごの木オーナー採れたて新鮮リンゴの全国発送(通信販売)シバモトノウエンへのアクセス柴本農園の安全に対する対策三代目のブログ柴本農園周辺の観光スポットお問い合わせ

◆2017年10月20日

あの「サンふじ」に蜜が入るのももうすぐ。
いよいよりんご狩りも佳境に入ってまいりました。


 

 

 

 



◆春のりんご園の様子
 冷たい冬が去り、ようやく南信州にも遅い春がやってきました。
 いつの間にか枝の先に小さな花のつぼみも膨らみ・・・。
 老木を切り倒して若い木と入れ替えます。
 そして、切り倒した木は割って1年分の薪になるのです。
 気がつけば地面が緑色に変り、
 春の花々が開き始めていました。
 ゴールデンウイークの頃になると、
 いっせいにりんごの白い可憐な花が咲き始め、
 あたり一面「春の雪」のよう。


少し膨らんだつぼみも


薪にするのはけっこう大変です


さあ、アップルスノーの始まりです
   


こんなに可憐な花なのです


◆夏のりんご園の様子
 ゴールデンウイークも終わり辺りはすっかり初夏の色、
 山々の緑が一層濃さを増してきました。
 柴本農園のりんご園のあちらこちらに植えられた夏野菜も、
 もう食べごろを迎えています。
 「ふじ」もほんのりと色づき、
 子供たちの夏休みが始まる頃には
 夏のりんご「つがる」からりんご狩りがオープン致します。


夕焼けも夏らしく


山々の緑もすっかり濃くなって


そよ吹く風もさわやかです
   


つがるからりんご狩りのはじまり


◆秋のりんご園の様子
 秋は本格的なりんごの季節。
 シナノスイート・シナノゴールドのシナノ兄弟もおいしいし、
 最後はなんと言ってもあの蜜たっぷりの「サンふじ」。
 12月の初めまでりんご狩りをお楽しみいただけますよ


鈴なりのりんご


りんごはもう真っ赤


りんご狩り・おなか一杯食かな?
   


11月下旬には蜜たっぷりのふじ


◆冬のりんご園の様子
 冷たい北風が厳しい南信州の冬・・・。
 時にはりんご園全体が雪に埋もれてしまうこともあります。
 そんな日でも、来年の秋のおいしいりんごのために、
 剪定などの作業は欠かせません。
 そして、あまり多くはありませんが、
 この時期、おじいちゃんとおばあちゃんで市田柿を作っています。


雪に埋もれたりんご園


天竜峡の町並みも白一色


白い野焼きの煙が・・・
   


市田柿作りは全て手仕事

 | TOP  りんご狩り  りんごの木オーナー  りんごの全国発送